日付型フィルターに動的なデフォルト値を設定する

こんばんは。Jasonです。

今日のテーマは『日付型フィルターに動的なデフォルト値を設定する』です!

Introduction

Tableauで日付でフィルタリング出来るシートを作ること、ありますよね。

さて、お客様からこのような要望があったらどうしましょう。

「Tableauを開いたら自動的に前日の日付でフィルタリングされてほしい!」


毎朝、まずは前日のデータをチェックするというお客様は多いでしょう。

その度に日付フィルターの設定を手動で変更するのは手間ですよね。

シート数が多ければ多いほど時間が掛かりますし。

やはり、自動的に前日の日付でフィルタリングされたら確実に便利です。

…しかし…

この要望、マウスでポチポチしても実現できません。

「困った…。」

「…。」

「…。」

諦めないで下さい

パラメータと数式を組み合わせて実現する方法があります!

手順


0. 前提

OS:Windows 10

Tableau:Tableau Desktop 20181.18

データソース:Tableau Desktop付属の「サンプル – ストア」

ゴール:「オーダー日の最大値-1」の日付をデフォルト値に設定すること


1. パラメータ「Date Select」の作成

  • 右クリックで「パラメータの作成」を選択します。
  • 下記のように「名前」と「値のリスト」に値を入力します。
  • OKで閉じます。


2. 計算フィールド「Latest Date -1」の作成

  • 右クリックで「計算フィールドの作成」を選択します。
  • 計算フィールドに下記の式を入力します。


{FiXED:MAX([オーダー日])-1}

  • 画面上は下記のようになります。
  • OKで閉じます。


3. 計算フィールド「Filter」の作成

  • 右クリックで「計算フィールドの作成」を選択します。
  • 計算フィールドに下記の式を入力します。


IF [Date Select] = “Default” THEN
   IF [オーダー日] = [Latest Date -1] THEN “Show” ELSE “Hide” END ELSE “Show” END

  • 画面上は下記のようになります。
  • OKで閉じます。


4. シートへの適用

  • まず、左側にある計算フィールド「Filter」をフィルター欄にドラッグ&ドロップし、Showを選択します。OKで閉じます。
  • 次に、左側にあるパラメータ「Date Select」の下矢印から「パラメータコントロールの表示」を選択します。
  • 最後に、右側にあるフィルター「オーダー日」の下矢印から「関連値のみ」を選択します。
  • これでパラメータコントロールとフィルターが連動するようになります。

設定は以上です!


5. 確認

では、正しく設定されたか確認しましょう!

Defaultを選択すると…

この通り!

最大日付が2018年12月31日なので、前日の2018年12月30日が表示されています。

ちなみに、Tableau起動時はDefaultが選択された状態になります。

次に、Allを選択すると…

この通り!

以上となります!お疲れ様でした。


Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎月Tableauの無料ハンズオンセミナーを開催しています。初めてTableauをご利用される方を対象に、Tableauの概要や、他のBIツールとの違いについて分かりやすくご説明いたします。