Tableau Prep【ピボット】

この記事は、『Tableau Knowledge Advent Calendar 2018』の第17回の記事です。

みなさんこんにちは!

今日のテーマは『Tableau Prep【ピボット】』です。

クロス集計のデータを正規化

既存データがExcelでクロス集計されている場合があります。

こんな時にはデータを正規化する必要がありますので、ピボットを使用します。

正規化されたデータは以下となります。
※「月」の項目を同じ列で保持する

データの入力

ピボットデータの入力ファイルを読み込み後に「+」ボタンを押し「ピボットの追加」を選択します。

データの変換

取り込んだデータが表示されますので、ピボットしたい列(今回は1~12月)を画面中央の「ピボットされたフィールド」へドラッグします。

1月~12月が同じ列に変換されます。

次に列名の変更を行います。
・「売上」→「年度」
・「月」→「売上」 ※型を「文字」→「数値(整数)」に変更
・「ピボット 1 の名前」→「月」

これでデータの正規化は終了です。
クロス集計を簡単に正規化できますので、是非使用してみてください。

今日はここまでとなります。


Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎月Tableauの無料ハンズオンセミナーを開催しています。初めてTableauをご利用される方を対象に、Tableauの概要や、他のBIツールとの違いについて分かりやすくご説明いたします。