Tableau Prep【クリーニング③】他

この記事は、『Tableau Knowledge Advent Calendar 2018』の第13回の記事です。

みなさんこんにちは!

今日のテーマは『Tableau Prep【Tableau Prep【クリーニング③】他』です。
今回は第8回、第11回の機能以外の説明をします。

クリーニングではまだ出来ることが沢山ある

項目毎に細かい設定ができるので説明します。
ここでは「伝票番号」の項目を例にします。

①データの型の変更ができます。
数値(整数)、数値(小数)、日付、文字列等の変更ができます。

②項目名をダブルクリックすると項目の変更ができます。

③項目のユニーク数を表示します。ここでは伝票番号が22種類の値があることわかります。

④データの並び替えができます。

⑤値の検索をができます。

⑥詳細メニューが表示されます。

フィルターの設定、グループ化、クリーニング、値の分割など色々なことができます。

詳細メニュー(フィルター)


フィルターの条件を細かく設定できます(前方一致、後方一致など)

詳細メニュー(グループ化と置換)


手動でデータをグループを行う

詳細メニュー(クリーニングする)


データの大文字、小文字の変換、特定文字に削除など行う

詳細メニュー(値の分割)


区切り文字を指定して項目を分割する
(Tableau Desktopと同じ)

 

クリーニングでは細かく設定で出来るので色々試してみてください!
今日はここまでとなります。


Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎月Tableauの無料ハンズオンセミナーを開催しています。初めてTableauをご利用される方を対象に、Tableauの概要や、他のBIツールとの違いについて分かりやすくご説明いたします。