URLリンクの設定方法

この記事は、『Tableau Knowledge Advent Calendar 2018』の第10回の記事です。
今日のテーマは『URLリンクの設定方法』です!

URLリンク

TableauのチャートにURLのリンクを仕込みたい場面ってありますよね?
Tableauでは、例えばTableauナレッジのトップページのように、項目名をクリックするとそのページに飛んだりするアクションを設定することができます。


以下で設定方法を解説していきます。

URLアクション

1.データを用意する

まずは、リンク先のURLをデータとして用意する必要があります。
以下がTableauナレッジのトップページ用Vizの実際のデータ画面になりますが、”リンク先”という列を作成しています(Tableauナレッジでは、リンク先URLに共通部分が多いため、少し省略してデータとして持たせています)。

2.ダッシュボードアクションを作成する

データを用意し、埋め込みたいVizを作成したら、あとはアクションを設定するだけです。
まず、ダッシュボード>アクションから、アクション画面を表示させます。

右下の”アクションの追加”ボタンを押し、”URLに移動…”を選択します。

そうすると、以下のようにアクションの設定画面が出てきます。
この画面では、以下項目を設定することができます。
・名前
・ソースシート
・アクションの実行対象
・URL
・URLオプション

URL欄の右にある▶ボタンを押すと、データを選択できるので、1で用意したURLが格納されている列を選択します。

最後にリンクのテストをし、ブラウザが表示されれば正常に動いているのでOKです。
もし思うように動かないようであれば、URLの設定が間違っている恐れがあるので、再度確認してみましょう。

以上、URLリンクの設定方法でした。


Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎月Tableauの無料ハンズオンセミナーを開催しています。初めてTableauをご利用される方を対象に、Tableauの概要や、他のBIツールとの違いについて分かりやすくご説明いたします。