色塗りマップを作成してみよう!

この記事は、『ゼロからわかる!Tableau入門講座』の第6回の記事です。
目次はこちら

色塗りマップとは

色塗りマップは地図でデータを表現する手法です。
色の違いや、濃淡等で、その地域の値を表現することができます。

色塗りマップを作成する

それでは、色塗りマップを作成していきましょう。

ディメンションの「都道府県」をダブルクリックします。
すると、各都道府県上に青い点がプロットされている地図が表示されます。

ここから色塗りマップにするために、
メジャーから、「利益」をマークカードの「色」へドラッグ&ドロップします。
すると、各都道府県毎の利益の合計が色で表現されました。

今回はこれで完成です。
お疲れ様でした。

それでは、また次回の記事で。

→第5回『散布図を作成してみよう!』を読む
→第7回『表示形式①』を読む


Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎月Tableauの無料ハンズオンセミナーを開催しています。初めてTableauをご利用される方を対象に、Tableauの概要や、他のBIツールとの違いについて分かりやすくご説明いたします。