【演習】日付形式の変更

この記事は、『演習』の第3回の記事です。
目次はこちら

以下の式のなかで、日付形式の変更が正しく行われないものはどれか

  1. DATEPARSE(“d.M.yy”,”15.4.16″)
  2. DATEPARSE(“MM-dd-yyyy”,”03/02/2017″)
  3. DATEPARSE(“M/d-yyyy”,”3/2-2014″)
  4. DATEPARSE(“dMyy”,”4114″)

 

 

確認

それでは順番に確認していきましょう。

1.DATEPARSE(“d.M.yy”,”15.4.16″)

計算フィールドを作成して、

「フィールドの説明」を見てみると、ドメインに『2016/04/15 0:00:00』とあるので、正しく変換できていることが分かります。以下の選択肢についても「フィールドの説明」を見ていきましょう。

2.DATEPARSE(“MM-dd-yyyy”,”03/02/2017″)

3.DATEPARSE(“M/d-yyyy”,”3/2-2014″)

4.DATEPARSE(“dMyy”,”4114″)

 

以上より、②の式が正しく変換されていないことが分かります。

DATEPARSE関数は、DATEPAESE(“形式”,”文字列”)と書いた時に、「形式」と、「文字列の形式」が一致している必要があります。使用する際には注意しましょう。


Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎月Tableauの無料ハンズオンセミナーを開催しています。初めてTableauをご利用される方を対象に、Tableauの概要や、他のBIツールとの違いについて分かりやすくご説明いたします。