データに接続してみよう!

この記事は、『ゼロからわかる!Tableau入門講座』の第2回の記事です。
目次はこちら

今回は、Tableauの起動画面から、データへの接続方法までを解説します。

その前に、Tableau Desktopのインストールは完了していますか?
まだの方は、Tableau公式サイトにアクセスして、Tableau Desktopをダウンロードしましょう。

Tableauを立ち上げると、以下の画面が表示されます。

まずは、この画面について少し説明します。この画面の構成は以下のようになっています。

データへの接続
データファイルや、データベースへ接続することができます。
この連載ではTableauが用意してくれている「保存されたデータソース」から、「サンプル – スーパーストア」を使用します。

②ワークブックを開く
自分が過去に作成したワークブックを開くことができます。

③サンプルワークブックを開く
Tableauがサンプルで作成してくれたワークブックを開くことができます。
どんな分析をしたら良いのか、どんな表現をしたら良いのか、そのヒントを見つけることができます。

④詳しく学ぶ
Tableauのトレーニングビデオや、ブログ等へアクセスすることができます。

データへ接続する

それでは、データへ接続しましょう。
「保存されたデータソース」から、「サンプル – スーパーストア」を選択してください。

そうすると、クエリが実行され、

真っ白な「シート」が表示されます。

この「シート」上で、様々なチャートを作成することができます!

今回はここまでです。
それでは、また次回の記事で。

→第1回『Tableauとは?』を読む
→第3回『データを結合してみよう!』を読む


Tableauを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎月Tableauの無料ハンズオンセミナーを開催しています。初めてTableauをご利用される方を対象に、Tableauの概要や、他のBIツールとの違いについて分かりやすくご説明いたします。